プロポリスの抽出方法について

プロポリスの抽出方法について

美容や健康維持に効果があると言われているプロポリス。しかも、ミツバチの巣からほんのわずかしか採れない、貴重な成分です。採取した原料から、どのようにプロポリスを抽出するのかをご紹介しましょう。

プロポリスはどうやってできている?

そもそもプロポリスとは、ミツバチが自らの巣を守るための粘着性の物質なのです。これにより、高温多湿の環境にある巣を微生物やウィルスから守ることができます。

その成分は、ミツバチが自らつくりだすホルモンと、樹木の樹液や花粉を混ぜあわせているのです。このまま口に入れると、とても食べられるような味ではありません。

ミツバチの巣から採取した天然のものをろ過し、熟成させ、その上で抽出してできあがったものが、プロポリスの原材料です。これを加工したものが商品になり、私たちの口に入るものになります。

プロポリスの抽出法

プロポリスの抽出方法にはアルコール抽出法、水抽出法、ミセル化抽出法の3つがあります。それぞれ特徴があり、用途によってその抽出方法が異なります。それぞれのメリット、デメリットをご紹介しましょう。

1.アルコール抽出法

一番ポピュラーかつ手軽な抽出法で、飲用アルコールに入れて撹拌するという方法です。

プロポリスは脂溶性のため、水には溶けにくいのですが、アルコールには溶けます。プロポリスが溶けたアルコールをろ過すれば、不純物も取り除かれます。

また、アルコールそのものに殺菌作用があるため、プロポリスの殺菌も同時に行えるので賞味期限を長く保つことができます。

ただし、アルコール抽出法のプロポリスにはピリッとした刺激があり、匂いもするのが欠点です。飲みなれない人や子どもには不向きかもしれません。

2.水抽出法

アルコール抽出法のアルコールを水に置き換えた方法です。もともとプロポリスは水には溶けないため、抽出には二週間から一ヶ月と長い時間がかかりますが、アルコールの刺激がないので、非常に飲みやすいプロポリスとなります。

その反面、成分としてはアルコール抽出法ほどのものは残らないという欠点も。また、アルコール抽出のように殺菌されていないため、保存期間が短いという点もあります。

3.ミセル化抽出法

ミセル化とは乳化のことです。アルコール抽出したプロポリス液から、アルコールを蒸発します。そこでできた固形分に面活性剤を加えて乳化し、それにグリセリンを加える方法です。

アルコールを含まないため、刺激や匂いが気にならなくなるうえに、グリセリンに甘みがあるため飲みやすくなります。欠点としては、わずかではありますが食品添加物を摂取することになるという点です。

抽出法は用途に合わせて

以上のように、プロポリスの抽出法それぞれに特徴があります。その用途と特徴をしっかりとつかんでおくことで、自分に合った商品を選ぶこともできます。

プロポリス商品を選ぶときには、その抽出方法にも注目をしてみるといいですね。

プロポリス、こんな商品もあります

プロポリスは多くは口から摂取する商品として、錠剤で販売されていることが多いのですが、実はプロポリスは飲用だけでなく、さまざまな加工品が販売されています。たとえば、肌のためのクリームや洗顔石鹸などです。

自然舘では、こういったプロポリス商品を取り扱っており、飲むだけではないプロポリスの商品もご提供しています。皆さまの健康のために、自信を持ってお届けする自然舘のプロポリスをどうぞお試しください。

おすすめの記事

過去見た記事

おすすめランキング

ぐでたま こどもグミサプリ  *ビタミンC レモン味

ぐでたま こどもグミサプリ *ビタミンC レモン味

通常価格 980円+税

“ぐで~”っとユルくてかわいい「ぐでたま」が、元気ましましなグミサプリになりました。 あまずっぱい3つの味で、お子さまのおやつにぴったり。成長期に不足しがちな栄養を、おいしく補っていただけます。 人気のキャラクター「ぐで...

自然舘のプロポリス

自然舘のプロポリス

キャンペーン価格3,000円(税込)

プロポリスキャンディ

プロポリスキャンディ

キャンペーン価格300円(税込)

ディメノール醒 120粒

ディメノール醒 120粒

通常価格:38,000円+税