プロポリスって健康食品なのでしょうか?

プロポリスって健康食品なのでしょうか?

「プロポリスは健康食品なの?薬なの?」と、疑問に思うほど効果や効能が謳われています。

健康食品と医薬品との違いなどを確認しながら、あらためてプロポリスとはどういうものなのかをみていきましょう。

プロポリスは健康食品です

人が口から摂るものは食品と医薬品に分けられ、プロポリスなどの健康食品は食品に分類されます。

健康食品の分類について

健康食品は、国が機能表示を許可している「保健機能食品」と、機能表示のできない「いわゆる健康食品」に分類することができます。

保健機能食品とは

「保健機能食品」には、国が、ヒトに対する有効性・安全性を認め表示を許可した「特定保健用食品」(通称トクホ)と、ヒトでの有効性・安全性が科学的に実証されているビタミン類やミネラル類が、国の定める基準値の含有量をクリアしている「栄養機能食品」があります。

こちらは、規定の栄養機能などを表示することが可能です。ただし、〇〇の病気に効くといった治療・治癒の表示はできません。

いわゆる健康食品とは

「いわゆる健康食品」には、サプリメント、健康補助食品、機能性食品などがあります。プロポリスはこちらの分類です。

したがって、保健機能や栄養機能を表示することはできません。そこで体験談などで、製品の特長や効果を訴えているケースが多くあります。

なかには、治療効果を表示したり、医薬品の成分を違法に添加している事例も。このような行為が判明すると「無承認無許可医薬品」として公表されてしまいます。

健康食品は医薬品ではありません

プロポリスをはじめとする健康食品はあくまでも食品であって、医薬品ではありません。では、医薬品とはなんでしょうか。

健康食品と医薬品の違い

健康食品もカプセルに入っていたり、錠剤になっていたりと形状は医薬品と変わりませんが、実際には大きな違いがあります。

医薬品は、有効成分の品質や量、安全性、効能などが科学的に証明されているもの。さらに、一定の基準に従って製造されているものです。病気の人に対する効能や安全性が確保され、医師や薬剤師によってしっかり管理されています。

一方、健康食品には医薬品のような管理・サポート体制はありません。医薬品と同じ成分が含まれていても含有量や品質が、国の定める基準に達しているという保証はないのです。

もちろんきちんとした製品を製造している会社はたくさんありますが、特定の病気に効くなどの効果・効能を表示することはできません。

プロポリスなどの健康食品を選ぶポイント

よい健康食品を選ぶポイントは、自分で成分の有効性や安全性をしっかり調べること。知人などの紹介であっても自分で再度確認することをおすすめします。

プロポリスを摂取する際の注意点

健康食品であるプロポリスを摂取する場合は、あくまでも健康の補助として利用することが大切です。食事や適度な運動など生活習慣を整えることを基本にしましょう。

摂取する場合には、使い方や1日の目安をきちんと守り、食品だからとむやみに飲んだりしてはいけません。

健康食品は継続して摂取しないとその良さを実感することができません。長く続けるためには、自分の体調や体の状態に合ったものを選ぶことをおすすめします。

プロポリスは期待のもてる健康食品

プロポリスにはさまざまな効果がある、ということは事実です。そのためには、摂取する側もしっかりと製品を確認することが大切です。そして、医薬品ではなく健康食品であるということを認識したうえで、健康な毎日のために活用しましょう。

自然舘では、トリプル抽出でプロポリスの有効成分をバランスよく配合した「自然舘のプロポリス」など、品質にこだわった商品をご用意。皆様の健康生活を応援します。

おすすめの記事

過去見た記事

おすすめランキング

ぐでたま こどもグミサプリ  *ビタミンC レモン味

ぐでたま こどもグミサプリ *ビタミンC レモン味

通常価格 980円+税

“ぐで~”っとユルくてかわいい「ぐでたま」が、元気ましましなグミサプリになりました。 あまずっぱい3つの味で、お子さまのおやつにぴったり。成長期に不足しがちな栄養を、おいしく補っていただけます。 人気のキャラクター「ぐで...

自然舘のプロポリス

自然舘のプロポリス

キャンペーン価格3,000円(税込)

プロポリスキャンディ

プロポリスキャンディ

キャンペーン価格300円(税込)

ディメノール醒 120粒

ディメノール醒 120粒

通常価格:38,000円+税