プロポリスの錠剤タイプとカプセルタイプの比較

プロポリスの錠剤タイプとカプセルタイプの比較

プロポリスは、豊富な栄養成分を含む、天然の健康補助食品。たくさんあるプロポリス製品のなかで、一般的に利用されるのが錠剤タイプとカプセルタイプです。両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

飲みやすいと人気の錠剤とカプセル

プロポリスは、ミツバチが樹液や花粉と唾液を混ぜて作る物質。巣の修復や衛生状態を保つ働きがあります。私たちの健康にも役立つとして、キャンディタイプ、スプレーや石鹸、歯磨き粉などさまざまなかたちで販売されています。

なかでも錠剤やカプセルタイプは、プロポリス独特の臭いや味を抑え、飲みやすいと人気。プロポリスは飲み続けることで効果が期待できるので、飲みやすさは重要なポイントです。

錠剤タイプ、カプセルタイプそれぞれの特徴をみていきましょう。

錠剤タイプの特徴

一般的な錠剤は、臭いや味を糖衣やフィルムコーティングで抑えたり、溶解時間をコントロールして胃で溶けず腸まで届くなどの加工が施されています。

プロポリスは圧縮して一定の形に成形しやすく、保存も容易で一般的に最も多く使用されてるタイプです。しかし、錠剤タイプは錠剤として固めるのにデンプンや乳糖などの凝固剤が使われたり、体内で錠剤が溶けるのを助けるセルロースなどが添加されている場合があります。

プロポリスの錠剤を選ぶ際は、プロポリス成分の純量や、固める成分の素材も天然かどうかなどを確認しましょう。

カプセルタイプの特徴

錠剤タイプと同じように独特の臭いや味をカプセルで抑え、成分の溶解や放出の時間のコントロールもできます。

プロポリスでは、含有量にもよりますが、錠剤タイプと比較するとカプセルタイプは匂いと味を感じることが少なく、飲みやすいと言えるでしょう。また、カプセルタイプは、抽出した高濃度のプロポリスの主要な成分をそのまま摂ることができます。

ただし、熱や衝撃に弱いため、保存や持ち運びに注意が必要です。カプセルタイプを選ぶ際は、なるべくカプセル自体の成分も確認して、天然のものを選びましょう。

プロポリスの天然パワーを凝縮したカプセルタイプ

プロポリスの錠剤タイプとカプセルタイプ。どちらも飲みやすく人気の製品です。抽出したプロポリスをそのまま摂りたい場合はソフトカプセルタイプがおすすめ。プロポリスのパワーを効率よく摂ることができます。

自然舘のプロポリス」は、200mgもの最高級プロポリスエキスを小さな涙型のカプセルに凝縮。飲みやすさを追求しました。PTP包装により保存や携帯にも便利で安心。ぜひお試しください。

>>お得な『自然舘のプロポリス(定期)』商品詳細はこちら

おすすめの記事

過去見た記事

おすすめランキング

ぐでたま こどもグミサプリ  *ビタミンC レモン味

ぐでたま こどもグミサプリ *ビタミンC レモン味

通常価格 980円+税

“ぐで~”っとユルくてかわいい「ぐでたま」が、元気ましましなグミサプリになりました。 あまずっぱい3つの味で、お子さまのおやつにぴったり。成長期に不足しがちな栄養を、おいしく補っていただけます。 人気のキャラクター「ぐで...

自然舘のプロポリス

自然舘のプロポリス

キャンペーン価格3,000円(税込)

蜂膠寿(プロポリス)スプレー

蜂膠寿(プロポリス)スプレー

キャンペーン価格1800円(税込)

プロポリスキャンディ

プロポリスキャンディ

キャンペーン価格300円(税込)

ディメノール醒 120粒

ディメノール醒 120粒

通常価格:38,000円+税