風邪・インフルエンザ対策に効果的なプロポリスの飲み方は?

風邪・インフルエンザ対策に効果的なプロポリスの飲み方は?

風邪やインフルエンザが流行りはじめる時期を前に、健康管理に役立つプロポリスの効果的な飲み方をご紹介します。
いつも何となく飲んでいるという方も、プロポリスの「守るチカラ」をしっかり引き出すために、あらためて飲み方のポイントをチェックしてみてくださいね!

プロポリスはとにかく飲んでおけばいい?

プロポリスはとにかく飲んでおけばいい?

プロポリスの飲み方というと「とにかく毎日飲んでおけばいいんじゃないの?」と思われる方も多いかもしれません。
たしかにプロポリスは続けて飲むことで、カラダが本来もっている健康維持のチカラをサポートするアイテムですから、その意味では毎日飲み続けることはもっとも大切な基本です。

風邪やインフルエンザ対策のためには、この基本をしっかりおさえたうえで、そのときそのときの体調にあわせた飲み方をプラスするのがおすすめ。ちょっとしたポイントで、より効果的にプロポリスの「守るチカラ」を活用していただけるでしょう。

風邪・インフルエンザ対策のための飲み方のポイント

プロポリスの健康パワーを、風邪・インフルエンザ対策に効果的に利用するための飲み方のポイントは2つ。
飲む「量」と「タイミング」です。

ポイントその1:飲む量

自然舘のプロポリス04

プロポリスは薬ではなく食品なので、飲む量についてはとくに決まりはありませんが、パッケージに表示された目安の量より少なくならないようにするのがポイント。

風邪やインフルエンザの予防対策では、「免疫機能を正常に保つこと」がとても重要ですが、プロポリスは、ポリフェノールなどの豊かな有用成分によって、この免疫機能を助ける働きをすると言われています。
つまり、目安の量をきちんと飲み続けて、こうした有用成分をじゅうぶんに採り入れておくことが、病気に負けないカラダづくりにつながるというワケなのです。

さらに、風邪・インフルエンザに「かかってしまったかな?」と感じたときには、通常の2倍の量を飲むのがおすすめ。ウィルスとたたかうカラダを、プロポリスの健康パワーがしっかりサポートしてくれます。

ポイントその2:飲むタイミング

ポイントその2:飲むタイミング

プロポリスは一日の中でいつ飲んでもいいですが、毎日忘れずに飲むために、自分で分かりやすいタイミングを決めておくと良いでしょう。
たとえば朝食や夕食の後、間食のとき、寝る前など、それぞれのライフスタイルにあわせて習慣づけておけば、飲み忘れを防ぐことができます。

また、時期的なタイミングとしては、風邪やインフルエンザが流行しはじめる前から飲んでおくのがポイント。本格的な流行シーズン前からコンディションを整えておくことで、風邪・インフルエンザにかかりにくくなり、またもしかかってしまった場合にも、回復を早くする効果が期待できるのです。

天然の「守るチカラ」で、家族みんなの元気を応援

自然舘のプロポリス

天然の「守るチカラ」プロポリスは、カラダにしっかり採り入れられてこそ、効果を発揮できるもの。今回ご紹介した飲み方のポイントをあらためて意識して、本格的な風邪・インフルエンザの季節に備えましょう。

飲みやすい小さな粒に健康パワーをギュッと凝縮した「自然舘のプロポリス」は、働き盛りの世代はもちろん、お子さまから年配の方々まで、ご家族皆さまの元気な毎日を応援します。

>>「自然舘のプロポリス」商品ページはこちら

おすすめの記事

過去見た記事

おすすめランキング

自然舘のプロポリス(30粒/60粒)

自然舘のプロポリス(30粒/60粒)

(税抜8,000円)

【初回限定:おためしご購入の方】 30粒 【初回限定】自然舘のプロポリス(30粒) 初回限定 送料無料 ※初めて自然舘をご利用される方のみ対象です。 ※お一人様1個限りとさせていただきます。 ※こちらの商品のみのご注文の...

プロポリスキャンディ

プロポリスキャンディ

(税抜600円)

蜂膠寿(プロポリス)スプレー

蜂膠寿(プロポリス)スプレー

(税抜3,600円)

馬油プロポリス石鹸<br>(泡立てネット付)

馬油プロポリス石鹸<br>(泡立てネット付)

(税抜1,900円)

王乳旬キャンディ(ローヤルゼリー)

王乳旬キャンディ(ローヤルゼリー)

(税抜600円)